和泉返し.com

仕事も恋愛も遊びも楽しく!〜Make Life Fun!!〜

転職

履歴書・職務経歴書の自己PRと文字数について

投稿日:

転職活動行う際、まず始めに苦戦するのが、履歴書・職務経歴書ではないでしょうか?

ネット上で履歴書や職務経歴書のフォーマットをダウンロードしたら、だいたい書く内容はわかるものの、迷われる部分はいくつかあると思います。

今回は、

・自己PRの欄が履歴書、職務経歴書の両方にあるけど同じ内容でもいいのか?

・職務経歴書のサイズ、文字数はどのくらいが適切なのか?

 

この2つの疑問点を解決して、それぞれの書類の役割から書類選考ではどこがみられているのか、採用担当者が見ているポイントを簡単にまとめたいと思います。

 

履歴書・職務経歴書

 

転職における履歴書と職務経歴書の役割

 

まず、採用担当者の目に止まる履歴書・職務経歴書を作成するには、それぞれの役割を知っていないと、良い履歴書・職務経歴書は作成出来ないので、まずはそれぞれの役割について学びましょう。

 

履歴書・職務経歴書の大まかな役割としては、履歴書は採用担当者が「応募者のプロフィールを確認する書類」で職務経歴書は「これまでの業務経験と仕事で活かせるスキルを確認する書類」になります。

 

また意外に思われる方も多いかもしれませんが、履歴書は主に、内定後の人事情報として保管することがメインの用途になるんです。

ただ、全く書類選考に関係ないとは言えません。

なぜなら、学歴や、所有している資格で合否を左右することもありますし、顔写真や職歴などで、応募者の第一印象が決まるからです。

また採用担当者の多くは、応募者の履歴書から先に見ることが多いので、自分自身の情報を端的に伝え、興味を持ってもらえるような内容にしなければなりません。

 

職務経歴書は先ほどもお伝えした通り「これまでの業務経験と、仕事で活かせるスキルを確認する書類」となります。
なので、採用担当者のほとんどは職務経歴書で、書類選考の合否を判断されます。

理由としては、その人の今まで経験から「自社の求めるスキル・キャリアを有しているか」を判断する材料になるからです。

 

書類選考を通過した後に行なわれる面接でも、職務経歴書に書かれた内容を中心に質問されるケースが多くあるので、質問されることを想定しながら、転職でかなえたいことをしっかりと考え、戦略的に職務経歴書を書く必要があります。

 

履歴書:氏名や連絡先、年齢、学歴や職歴など基本的なプロフィールなど
職務経歴書:これまでの業務経験や、入社後に仕事で活かせる知識・スキルなど

履歴書・職務経歴書の具体的な項目をまとめて見ました。

 

項目一覧

【履歴書】 【職務経歴書】
・日付 ・日付
・写真 ・氏名
・氏名 ・職歴要約・概要
・生年月日 ・会社概要
・現住所 ・職務経歴・職務内容
・連絡先 ・免許・資格
・学歴 ・活かせる経験、知識、技術
・職歴 ・志望動機
・免許・資格 ・自己PR
・自己PR ・転職理由
・趣味・特技
・通勤時間
・本人希望欄

 

 

履歴書・職務経歴書の自己PRは同じで良いのか?

 

履歴書はメーカによって、若干の違いはありますがフォーマットはだいたい決まっています。
職務経歴書は履歴書と違ってフォーマットという物はないのですが、書くべき内容はだいたい決まってるんです。

その中で、度々困るのが自己PRの項目です。

なぜなら、転職の履歴書には「自己PR」項目が設けられていることが多く、記載する必要に迫られます。

そして、職務経歴書にも経歴とは別枠で「自己PR」を記載することが良いとされているので、「自己PR」を二つの書類で作成することになるんですね。

果たして、同じ項目だからといって、履歴書と職務経歴書の「自己PR」は同じ内容で良いのか?

 

結論を先にお伝えすると、「同じで良くありません!

 

当たり前ですが、二つの書類に同じ自己PRを書いても意味がありません。
なので、自己PRする内容はそのままで、それぞれで書き方を変えて記載することが大切です!

履歴書では自己PRは端的に記載しましょう!

履歴書は、自己PRの記載欄があったとしても、そこまで広くはないので文字数も限られます。
ポイントを絞り記載することがポイントになります。

職務経歴書では、履歴書に書いた自己PRを客観的に記載し、具体的な数値などを交えて、説得力のある自己PRを作成しましょう!

例えば「〇〇という工夫を行うことで新規顧客を獲得し、営業部50名中1位の営業成績を3年間維持してきました。」など、実際に○○人中○位の結果を出したか、実際にいくら売上に貢献したかなど、結果や順位などのデータを明確に書きましょう。

履歴書で自分自身のアピールポイントの概要を伝え、詳細を職務経歴書で伝えるという流れにすると、採用担当者にも好印象を持たれます。

ちなみに!
履歴書と職務経歴書のどちらかで自己PRを記載する際は、職務経歴書に記載します。
なぜなら、先ほどもお伝えした通り、書類選考で重要視されるのは職務経歴書だからです。

 

履歴書・職務経歴書の文字数はどのくらい?

 

履歴書・職務経歴書を作成する時どのくらい書けばいいのか悩む時ありますよね。

履歴書の文字数に関しては、メーカーによって記入欄の違いがあるので、選んだ形式に従う形で記載していくのが良いでしょう。

形式も、転職用、就職用、アルバイト用などあるかと思いますが、転職用の履歴書であれば問題ありません。

もし迷った時には1番ベーシックな“JIS規格”の物がオススメです。
JIS規格の履歴書の志望動機欄であれば、目安は200文字程度(1行約20文字で10行程度)になります。

また、選んだ書式によって先行が左右されることはありません。

履歴書                                  ハローワークより

職務経歴書ですが、履歴書と違ってフォーマットがないため、作成するとなると迷うかもしれませんが、基本的にはテンプレートを利用したPCによる作成で問題ありません。

もちろん、手書き用の職務経歴書も市販はされていますが、採用担当者もWeb上で見ることが多くなっていますし、履歴書以上に文字数を書くので修正もしやすいようにPCでの作成をオススメします。

 

文字数ですが、目安としてはA4かB5の用紙2枚分がちょうど良いでしょう。
1枚では志望動機、自己PRが十分に記載出来なく、採用担当者にアピール出来ずに書類選考で落ちてしまいます。

 

上記にも項目を記載しましたが、職務経歴書に記載する内容としては、「職歴要約・概要」
「会社概要」、「職務経歴・職務内容」、「免許・資格」、「活かせる経験、知識、技術」、「志望動機」、「自己PR」、「転職理由」など多岐に渡るので1枚では足りません。

逆に3枚以上あると、分量が多く読みづらくなってしまいますし、応募者が何をアピールしたいのかまとまっていない事が多いからです。

項目の中でも、大事なテーマである「職務経歴・職務内容」、「志望動機」、「自己PR」を、それぞれ500文字程度にまとめられると全体的にもバランスの良い職務経歴書と言えるでしょう。

 

伝えたいことをコンパクトにまとめられている職務経歴書は、採用担当者からも高評価をもらいやすいです。

また、求める人材は企業によって異なるので、全く同じ履歴書・職務経歴書の使い回しはNGです。

最低限、志望理由や自己PRなど柔軟に変えることをオススメします。

 

企業が求める人物像とは

書類選考を通過するためには、採用担当者から「企業に必要な能力を備えている」と判断される必要があります。

しかし、「企業に必要な能力」がわからなければ対策はできません。

その為には、
・インターネットで採用ホームページ確認する。

・実際に働いている人に話を聞く

・転職エージェントに相談する

といった方法で、企業が必要としている人材像を把握するのがオススメです。

企業が求める人材像を考慮して、自分のアピールポイントを履歴書・職務経歴書に書いて行きましょう。

-転職

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

勢いで仕事を辞めてしまう前に!登録すべき転職エージェント!

仕事辞めてやる!!勢いで仕事辞めて大丈夫・・・??   仕事辞めてやる!! そう思って勢いで退職届けを出して、退職が決まってから転職活動を行う人って未だに多いんですよね。 実は僕も過去に転職 …

転職活動を始める時期と準備について

転職活動を始める時期っていつ??   転職を思い立ったとき、果たしていつから転職活動を始めれば良いかと悩んだ事がある人も多いかと思います。 転職しようと思っている時期があったとしても、転職先 …

プロフィール


〜管理人プロフィール〜

名前:好機(こうき)
出身:米国 ニュージャージー州
好きな女優:川口春菜
仕事:IT系サービスの新規事業
好きな言葉:
Stay hungry, stay foolish
-Steve Jobs (スティーブ・ジョブズ)-